シェア
シェア:

サーモンのオーブン焼き

サーモンのオーブン焼き

サーモンは青み魚の中の王様といえる食材です。なにしろ、栄養価が高いうえ、様々な料理に応用できるし、シンプルにオーブンで焼いて食べるのにもぴったりなんですから。サーモンには、私達の筋肉を良好に保つミネラルが含まれるだけでなく、コレステロールやトリアシルグリセロール(食用油の主成分)を抑える酸性脂肪も含まれます。どんなサーモン料理が一番いいかしらと迷っているあなたに、ここで、とっても美味しいサーモンのオーブン焼きのレシピをいくつか紹介しますので、ぜひ試してみてください。

材料:
料理完成までのステップ:
1

初めに紹介するのは、サーモンのホイル包み焼きです。これは、オーブンでサーモンを調理するのに一番シンプルでヘルシーな調理法のひとつです。まず、生か冷凍のサーモンの切り身をアルミホイルの上に置き、レモン汁をかけ、塩、こしょうをします。ホイルでしっかり包んだら、オーブンの天板に置いて焼きます。ホイルが膨らんできたときが出来上がりの目安です。

このレシピのいいところは、とにかくヘルシーということ。ダイエットなどで食べ物に気を使っている方にならぴったりですよね!美味しい上にカロリー控えめなんですから。

2

次に紹介するサーモンのオーブン焼きは、オリーブオイル、レモン汁、塩、こしょう、バジル、パセリ、を使うものです。まず、サーモンの切り身にこれらの調味料をからめて、少なくとも1時間は冷蔵庫で寝かせてください。

次に、オーブンを220℃に温めておきます。冷蔵庫から取り出したサーモンをアルミホイルで包み、オーブンで焼きます。だいたい35分~40分くらいで、サーモンがフォークで割れる位の状態になったら出来上がりです。

3

サーモンのマンゴーソース添えも、オーブンで出来る美味しい一品です。ソースの材料は次の通りです。

・マンゴー (サイコロ状に切ったもの1個分)

・玉ねぎのみじん切り (1個分)

・赤ピーマンのみじん切り (1/4カップ分)

・レモン汁

・にんにくのみじん切り (1片分)

・オリーブオイル (小さじ1/2)

200℃のオーブンで15~20分サーモンを焼いたら、上記のマンゴーソースをかけます。仕上げにレモンの輪切りを添えたら出来上がりです。とっても美味しいのでぜひ試してみてくださいね。

4

もう一品今度はイタリアの香辛料を使ったサーモンのオーブン焼きを紹介しましょう。生のサーモンを深皿(オーブンで焼けるもの)に置き、オレガノ、バジル、サルビアといったイタリアの香辛料をかけ、さらに塩、こしょう、ガーリックパウダーを少々かけます。そこにスライスしたマッシュルームと、レモン汁(大さじ2杯分)を加え、アルミホイルで深皿全体を覆います。

200℃のオーブンで20分間焼きます。オーブンから取り出し、パルメザンチーズをふりかけたら出来上がりです。

5

最後に紹介するサーモンのオーブン料理は、メキシコ風の味付けの一品です。サーモンの切り身2つを深皿(オーブンで焼けるもの)に置いたら、ウスターソース(大さじ1/2杯)、レモン汁数滴、ケイジャンスパイスを混ぜたものを、切り身の表面に塗りつけます。ケイジャンスパイスは、スパイスの品揃え豊富なスーパーや百貨店なら扱っているところも多いですよね。

ソースを塗り終わったら、深皿をアルミホイルで覆い、350℃のオーブンで20分間焼きます。出来上がったら、赤インゲン豆とご飯を添えて、美味しく召し上がってくださいね。

6

ここに紹介したサーモンのオーブン焼きを美味しく調理するのに一番大事なのは、新鮮なサーモンを使う!ということです。

サーモンのオーブン焼きと関連した記事をチェックしたい場合は、食べ物・飲み物のジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • サーモンは、どんな味付けにしても美味しく食べられる食材です。あなたのお台所にある調味料を使って、紹介した調理方法で試してみてもいいですよね。
コメント (0)

サーモンのオーブン焼きに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

サーモンのオーブン焼き
51
サーモンのオーブン焼き