シェア

カフェオレとカプチーノの違い

 
投稿者 丘咲マリ. 更新された: 16 1月 2017
カフェオレとカプチーノの違い

コーヒー好きのあなた。

カフェオレとカプチーノの違いを知っていますか?

出典:www.cocinillas.es

焙煎方法の違い

カフェオレとカプチーノとも、使用している豆は同じです。

でも、焙煎方法が異なります。焙煎(ロースト)とは、コーヒーの生の豆を火力によって煎る過程をいいます。コーヒーの豆は、生の状態では香りはよくありませんが、焙煎することによって、コーヒー豆が本来もつ味と香りを引き出すことができます。

この焙煎方法が、カフェオレは「浅煎り(ミディアムロースト)」という方法で、カプチーノは「深煎り(フレンチローストまたはイタリアンロースト)」という方法で行われます。

コーヒー豆は、焙煎方法を変えることで、同じ豆でも様々な味を楽しむことができるのです。

また、コーヒーの豆は、焙煎時間が長くなるほど、色が茶色から黒色へと変化します。そして、一般的に、浅煎りのミディアムロースとは酸味があり、深煎りのフレンチロースト・イタリアンローストになるほど酸味が消えて苦みが増します。

出典:www.wescoblog.com

カフェオレとカプチーノの違い - 焙煎方法の違い

抽出方法が違う

そして、次の段階に行う抽出方法も違うのです。

カフェオレは「ドリップ式抽出」という方法で抽出されます。カプチーノは「エスプレッソ式抽出」という方法で抽出されます。

ドリップ式とエスプレッソ式の違いは、簡単にいうと、フィルターを使って抽出するのがドリップ式で、機械を使って気圧をかけて抽出するのがエスプレッソ式です。

コーヒーを点てるのにその昔は、煮出す、絞り出す、つけ込むなどの方法がとられていたそうです。その後、19世紀に入って、フランスでネル(紙ではなく布フィルアターを使った抽出)を使った透過法が考案され、それ以来、論争を繰り返しながらも改良が重ねられ、今日ではコーヒーを点てるといったら、ドリップ式抽出をさすようになりました。

この様に、ドリップ式の始まりがフランスであるように、カフェオレは、フランス生まれのコーヒーです。フランス語で、café(コーヒー)au lait(ミルク)と表記します。

一方、エスプレッソ式で抽出されたコーヒーは、抽出時間が短いことでコーヒーの旨味だけを引き出した深いコクが特徴です。この方法は、イタリアで生まれた方法で、カプチーノ(cappuccino)の他、カフェラテ、カフェマキアートがあります。

※エスプレッソとは、イタリア語で「急速に」といった意味があります。

出典:shop.maedacoffee.com

カフェオレとカプチーノの違い - 抽出方法が違う

ミルクが違う

最後に注ぐミルクですが、このミルクにも違いがあります。

カフェオレには、鍋で温めたミルクを注ぎます。一般的なドリップとミルクの割合は1:1です。

一方、カプチーノには、蒸気で温めたスチームドミルクと、蒸気でふわふわに泡立てたフォームドミルクを注ぎます。一般的な割合は、エスプレッソとスチームドミルクとフォームドミルクの割合は1:1:1です。

泡立てたミルクで絵や文字を描く「ラテアート」も特徴です。

出典:7-themes.com

カフェオレとカプチーノの違い - ミルクが違う

まとめ

あなたは、どちらが好みですか?

気分によって、選ぶのもいいですよね。

美味しいコーヒーを飲んで、今日も1日頑張っていきましょう!!

出典:correryfitness.com

カフェオレとカプチーノの違い - まとめ

カフェオレとカプチーノの違いと関連した記事をチェックしたい場合は、食べ物・飲み物のジャンルから探すことができます。

カフェオレとカプチーノの違いに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

カフェオレとカプチーノの違い
51
カフェオレとカプチーノの違い

トップに戻る