シェア

缶切りの代用品のまとめ

 
投稿者 Rina H.. 更新された: 16 1月 2017
缶切りの代用品のまとめ

みなさんはいざ缶詰を開けようとして、肝心の缶切りが見つからない‥なんてことはありませんか?最近ではプルタブを引き起こして開けるタイプの缶詰が一般的になってきているため、缶切りがないご家庭も増えているのではないでしょうか。また、プルタブの缶詰であっても開ける時にプルタブが取れてしまったり、キャンプや登山に缶詰を持っていき缶切りを忘れてしまった時など、開けたくても開けられないというような状況はありますよね。そこで今回は、身近なものを代用して缶を開ける方法について見ていきたいと思います。

出典:https://i.ytimg.com

スプーン

缶切りの代用品としてまず挙げられるのは、スプーンです。テレビでもよくされている方法ですので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。「しかし硬い缶詰をスプーンで開けることができるのか?」と思われがちですが、コツさえつかむと意外と簡単に開けることができてしまいます。スプーンは計量スプーンなどの丸いものではなく、カレー用スプーンなどの大きめのサイズで先のとがったものの方が、スプーンが曲がることなく開けやすいためおすすめです。

出典:lifehacker.jp

缶切りの代用品のまとめ - スプーン

ハサミ

どのご家庭にも必ず一つはあるハサミ。実はこれでも缶切りの代用ができます。しかし、スプーンとは違いハサミは手に怪我をしてしまう可能性がありますので、平らな場所に置いて滑ってしまわないように注意しながら開けるようにしましょう。缶切りの代用品として使用する場合のハサミは、キッチン用ハサミなど先のとがったものが使いやすくおすすめです。

出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

缶切りの代用品のまとめ - ハサミ

ナイフ

ナイフや包丁など先端のとがったものであれば、ハサミと同様に缶切りの代用品として使うことができます。しかし、これらはあくまでも刃物です。缶切りの代用品として使用する場合は非常に危険ですから、やむを得ない場合を除き、普段は使用しないようにしましょう。緊急時や災害時など、どうしても他に使用できるものがない場合は、柄が滑らないように注意して安全な場所で開けるようにしましょう。また、缶切りの代用品に使う場合、刃の薄い刃物は折れてしまう危険性がありますので、肉厚の刃のものを使用しましょう。刃の部分を使いすぎるとかけてしまうこともありますので、くれぐれも注意が必要です。一番安全な代用品はやはりスプーンですので、スプーンがある場合は、ナイフなどの刃物類は使わないように気を付けましょう。

出典:http://blogs.c.yimg.jp

缶切りの代用品のまとめ - ナイフ

マイナスドライバー

缶詰が開かない場合、マイナスドライバーを代用品として使うことも可能です。やり方としては、スプーンやハサミを使うときと同じ要領です。ドライバーを使う場合、プラスドライバーよりマイナスドライバーの方がより簡単に穴をあけることができます。硬いドライバーであれば、厚みのある缶も簡単に開けることができます。開け方はスプーンと同様に穴を開けてからぐるりと開けていきますが、ドライバーを使うときに特に注意したいのは、衛生面です。普段は工具として使っていますから、ウエットティッシュなどでしっかりと消毒してから缶を開けるようにしましょう。ウエットティッシュが無い場合は、コンロやライターなどの火を使って消毒することをおすすめします。

出典:http://www.marutsu.co.jp

缶切りの代用品のまとめ - マイナスドライバー

ニッパー

ニッパーでも缶切りの代用品として使用することができます。先端でグリグリと穴を開けた後はフチをぐるりと切っていけば、缶を開けることができますよ。ドライバーよりもニッパーの方が缶切りの代用品に適しているかもしれません。ただし、ハサミや他の代用品と違って、ニッパーの場合は確実に缶を切り取ることもできますから、破片の混入だけにはくれぐれも注意するようにしましょう。

出典:fujiya-kk.com

まとめ

以上、缶切りの代用品について見てきました。いかがだったでしょうか。スプーンが一番安全でおすすめな代用品ですが、ハサミや工具類など、身近にあるもので意外と代用がききます。ただし、これはあくまでも緊急用、非常時用の方法ですから、基本的には安全面でも考慮された缶切りを使うようにしましょう。みなさんも是非一度参考にされてみてください。

缶切りの代用品のまとめと関連した記事をチェックしたい場合は、食べ物・飲み物のジャンルから探すことができます。

缶切りの代用品のまとめに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

缶切りの代用品のまとめ
51
缶切りの代用品のまとめ

トップに戻る