シェア

自家製トマトスープの作り方

 
投稿者 Tanaka Ayako. 更新された: 16 1月 2017
自家製トマトスープの作り方

自家製スープは、野菜スープでもお肉のスープでも自然な食材を使っているので、とても栄養価の高い食べ物ですね。特に寒い季節にはすぐに体を暖めることができるので大人気のメニューです。うち一般によく知られるスープは、ビタミンC、抗酸化作用、利尿作用などを含むトマトスープです。このスープは、材料をまぜるだけでいいといえるほど家庭でごく簡単に作れるのです。ここで、自家製トマトスープのつくり方をお教えしましょう。

1時間から2時間 難易度 簡単
材料:
料理完成までのステップ:
1

さあ、美味しいトマトスープを作るために、まずは材料の下準備をしましょう。たまねぎ、赤ピーマン、にんにく、にんじんをみじん切りにします。用意する赤ピーマンは大きいものでなく中くらいのものでOKです。

自家製トマトスープの作り方 - ステップ1
2

お鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りにした野菜を炒めます。理想的な美味しいスープを作るためにはここで弱火で炒めることがポイントです。そこに塩・コショウをします。野菜を炒めている間に、トマトのヘタを取り、トマトのお尻側(ヘタのに反対側)に薄く十字の切り込みを入れます。

自家製トマトスープの作り方 - ステップ2
3

次にもう一つのお鍋を用意し、そこへ水を入れ(トマトが全て入るくらいの分量)沸かします。沸騰したら、そこへトマトを入れ約1分湯通しします。いい味を引き出すには、トマトが十分に熟していることが大事です。

自家製トマトスープの作り方 - ステップ3
4

トマトを湯通しする間、野菜を炒めている鍋に大さじ1杯の砂糖を加え、ゆっくり混ぜます。このときに木べらで時々混ぜながら、野菜が焦げないように注意してください。砂糖を入れるのは、あとでトマトを混ぜたときにトマトの酸味を少し抑えるためです。砂糖の量は好みで調整して構いません。野菜を炒めるときに急がず時間をかけることが大切です。

5

トマトを湯通しして取り出したら、少し冷めるまで待ち、皮をむきます。つるりと自然にむけるはずです。そして、他の野菜と同様、みじん切りにします。野菜を炒めた鍋にトマトのみじん切りを入れよく混ぜ1分ほどおきます。そこに水1リットルを加えます。水の分量は必要に応じて少し増やしてもかまいません。

自家製トマトスープの作り方 - ステップ5
6

野菜がかくれるくらいの水を入れたら、中火で約20分間煮ます。煮ている間に、この伝統的なトマトスープの特徴である赤みがかった色になってきます。火を止め、そのまま少しおいたら、クリーム状に滑らかにするために全てミキサーにかけます。

自家製トマトスープの作り方 - ステップ6
7

トマトスープにクルトン(パンを揚げたもの)を入れて提供するお店も多くありますね。パンを小さく切ったものを揚げて、スープの上に乗せればいのです。トマトスープをミキサーでよく混ぜればもう盛り付けでき、クルトンを乗せたら、あとは飾りつけでローレル、パセリ、ミントなどを添えればいいですね。これであなたの自家製トマトスープが完成です。もちろんそのまま食べていいですし、お肉や魚料理のソースとして使ってもいいですね。

自家製トマトスープの作り方 - ステップ7

自家製トマトスープの作り方と関連した記事をチェックしたい場合は、レシピのジャンルから探すことができます。

自家製トマトスープの作り方に関してコメントを残す

レシピはどう思いますか?

自家製トマトスープの作り方
71
自家製トマトスープの作り方

トップに戻る